つい最近、ネットで淋菌感染症の体験記を読みました。あなたに参考になると思われるのでシェアしたいと思います。

あなたの淋菌感染予防、早期治療にお役立て下さい。

◇淋菌感染の常習者?

その体験記を書いてるのは40代前半の男性です。何でも10年くらい前から頻繁に性風俗に通い、度々性感染症に感染した経験を持っているそうです。

中でも淋菌には何度も感染の経験があるそうで、感染初期の軽い症状からすぐに淋菌感染が自分で分かるそうです。その男性の場合、淋菌に感染するとおよそこんなパターンだそうです。

1.性器の先っぽが何となくかゆくなり、違和感を感じる。

2.オシッコの時に尿道がしみる感じがする。

3.オシッコするのが怖いくらい激痛がする。

まぁ、代表的な淋菌の症状ですね。そして、この男性いわく、初めて淋菌に感染した男性は、1番や2番の段階では病院へは行かず、我慢してしまうのだそうです。

まさか自分が淋菌に感染したなんて思わないし、病院へ行くのは恥ずかしいし・・・。ちょっと我慢してればそのうち治るかも知れないと考える人もいるでしょう。

そしていよいよ我慢できない3番目の状態になって、あわてて病院へ駆け込むハメになると言います。淋菌は自然治癒しませんからね。

その点、この男性は何度も淋菌に感染した経験があるので、1番目の症状からすぐにピンと来るのだそうです。症状が軽いうちに病院へ行くので、激痛が走るような痛い目には合わずに済むと言います。

私が読んだ体験記ではちょっと自慢気な雰囲気さえ漂っています。「俺は素人さんとはちがうぞ!」みたいな。確かに症状が軽いうちに早く病院へ行くことはとても大事です。

我慢してる間にも淋菌はどんどん上体へ感染していきます。尿道から前立腺や副睾丸にも感染します。痛みがひどくなるだけでなく重症化して治療も困難になっていきます。

それに、間違っても自分で薬を購入して治そうとしないことです。よくネットで抗生物質を個人輸入で購入できるサイトが出ていますが、淋菌感染を自分で治療しないで下さい。

淋菌は抗生物質に対しては耐性を持っていることが多く、治療前に患者の淋菌を培養して耐性を調べてから治療することもあるくらいです。

ですから素人のあなたが自分でかってに選んだ抗生物質を使用することは極めて危険です。むろん、抗生物質の副作用のリスクもあります。

この男性のように異変を感じたらすぐに病院へ直行するのが大正解です。

◇感染しないことが一番!!

この男性の場合は性風俗でコンドームなしのオーラルセックスが感染ルートだと、ご自分で分かっているそうです。これ、危険ですね。オーラルセックスで感染する病気は淋菌だけではなく、ほぼ全ての性感染症はオーラルセックスで感染します。

実はHIVもまたオーラルセックスで感染する可能性があります。正直な話、淋菌なら感染しても大事に至らず治療も可能です。決して軽く見てはいけない病気ですが、不治の病という訳ではありません。

しかし、HIV感染症はいったん感染すると現状では完治不能です。それだけに予防が肝心です。この男性のように淋菌をはじめとする性感染症に何度も感染しているということは、いつHIVに感染しても不思議ではありません。

果たしてこの男性は自分がもしもHIVに感染したら・・・という不安を持ったことがないのでしょうか。

軽い症状のうちに病院へ行くこと、それはとても大事なことですが、もっと大事なことは感染しないこと、予防することです。コンドームなしのオーラルセックスは今や淋菌やクラミジアに感染するのは当たり前、飛んで火にいる夏の虫状態です。

どうかあなたはこの男性みたいに何度も性感染症に感染するような危険行為は絶対にやめて下さい。HIVに感染してから後悔しても追い付きません。

◇淋菌感染症検査キットの正しい使い方

当サイトでは淋菌感染症をはじめとする各種検査キットのご紹介をしています。これらの検査キットは自宅で手軽に使えてとても便利だし、精度も高いです。

しかし、もしもあなたに何かの自覚症状がある場合には、検査キットなど使わずにすぐ病院へ直行して下さいね。検査キットを使ってる間に感染が進んで重症化するかも知れないし、検査キットを使うにしてもどの検査キットが正解か、難しいです。

例えば、おしっこの時に痛みがあるとして、それは淋菌なのかクラミジアなのか分かりません。仮に両方の検査キットを購入して分かったとしても、治療で病院へ行くのは変わりません。初めから病院へ行くのが正解です。

とても便利な検査キットですが、自覚症状が出ていない段階であなたに感染不安がある、安心したい、という用途でお使い下さい。くれぐれも自覚症状が出ているのに検査キットを使うのは止めた方がいいと思います。

たまに、性感染症検査キット販売サイトで、「こんな症状が出たらこの検査キットを!」みたいな売り方をしているのを見かけますが、飛んでもないと思います。私に言わせればあり得ないです。怖すぎます。

■関連記事のご案内

『あなたは大丈夫?淋菌感染症の症状とは?』

『危ない!オーラルセックスで淋菌感染症』

*淋菌はクラミジアと重複感染が多く、のどにも感染します。これ1つでまとめて検査。

STD研究所 STDチェッカー TypeP (男性用)(女性用)
淋菌(性器・のど)・クラミジア(性器・のど) 性器感染と咽頭感染の両方がまとめて検査可能です。

*淋菌感染が心配なら、こんな性感染症は大丈夫?感染ルートは全部同じです。

STD研究所 STDチェッカー TypeE (男性用)(女性用)
HIV・梅毒・B型肝炎・淋菌・クラミジアの5種類の性感染症がまとめて検査可能です。

■この検査キットの信頼性

■この検査キットの利用者の声