ネットの健康相談サイトを見ていると、

「咽頭淋菌に感染している人が、くしゃみや咳をすると、飛沫感染の可能性がありますか?」

といった相談をけっこう多く目にします。

今回は咽頭淋菌の飛沫感染について記事にしてみたいと思います。

 

◇咽頭淋菌と飛沫感染

まず、結論から書きましょう。

咽頭淋菌が飛沫感染することはありません。

これは私が持っている性感染症の本、及び医療機関のホームページで調べた結果です。

また、現役の医師が回答するネットの相談サイトでも確認しました。

いずれも咽頭淋菌が飛沫感染するルートは出てきません。

また相談サイトでは医師が「あり得ない」とはっきり否定されています。

確かに、淋菌が咽頭感染した場合、咳やくしゃみをすると淋菌が口から飛び出す可能性はゼロではありません。

しかし、それはあなたに飛沫感染するほど大量の菌ではなく、また濃厚な接触でもありません。

一般に、淋菌が日常生活の中で感染することはありません。

ただし、多くの専門書や医療サイトで

「ごくまれにタオルや便座などから淋菌が感染することもある。」

と書かれています。

「それって、日常生活での感染じゃないの?」

って思わずツッコミたくなりますが・・。

ともかく、くしゃみや咳などの飛沫感染はありませんが、性行為以外の感染ルートは存在します。

この点はご注意下さい。

 

◇飛沫感染する性感染症はない

基本的に淋菌以外でも、飛沫感染する性感染症はありません。

クラミジアでも梅毒でもHIVでも、みな飛沫感染はありません。

私がネットで調べてみたところ、多くの人が心配しているのがクラミジアと淋菌、この2つの性感染症です。

この2つは

「キスで感染しますか?」

と言った書き込みと並んで

「飛沫感染しますか?」

と言う質問が多いのです。

先ほども書いた通り、淋菌もクラミジアも飛沫感染はありません。

なお、キスで感染することはあるのか?

この質問に対して、多くの相談サイトでは

「可能性がゼロとは言えないかも知れないが、まずあり得ないでしょう。」

と言う医師の回答を多く見ました。

普通に考えて、キスでもクラミジア、淋菌が感染していたら飛んでもない感染者数になっていますね。

しかし、梅毒、ヘルペスはキスでも感染します。

知らない人、初めての人とキスするときはご用心。相手をよく観察して患部がないか確かめて下さい。

以上、今回は咽頭淋菌に飛沫感染があるのか、この問いを記事にしてみました。

結論として、咽頭淋菌に飛沫感染はありません。

アイコンボタン性行為1回あたり約30%の感染確率と言われています。

アイコンボタン淋菌は性器からのど、のどから性器へも感染します。
バナー2

性器感染・咽頭感染を同時検査
タイプPバナー5 ・淋菌
・クラミジア
・淋菌(のど)
・クラミジア(のど)

¥9,200+消費税
矢印タイプP 男性はこちらから

矢印タイプP 女性はこちらから
1番人気です!主要5項目を同時検査
タイプEバナー3 ・HIV
・梅毒
・B型肝炎
・淋菌
・クラミジア

¥9,200+消費税
矢印タイプE 男性はこちらから

矢印タイプE 女性はこちらから