男性の淋菌感染症で症状が出ないこともあります。

ご存知ですか?

一般に淋菌感染症に感染した男性の症状は激しく、強いというイメージがあります。

たいていの性感染症の本にはそんなイメージを持たせる説明が書かれています。

だけど、中には淋菌に感染してもはっきりとした自覚症状の出ない男性感染者もいるのです。

◇淋菌感染症の症状

例えば、『性感染症対策マニュアル』(同文書院)によれば、男性が淋菌に感染すると、

「オシッコをすると、ペニスの先端が焼け付くようにメチャクチャ痛む。」

と書かれてあります。

私は幸いにもまだ淋菌に感染したことはありませんが、この説明を読んだだけで脂汗が出てきそうです。

あるいは、何かと淋菌感染症と比較される性感染症にクラミジア感染症がありますが、淋菌による尿道炎はクラミジア性尿道炎よりも排尿痛が激しいとする本もありました。『性感染症STD』(南山堂)

このように男性が淋菌に感染した場合には、かなりハッキリとした自覚症状が出るとする本ばかりです。

概ね、次のような症状を解説しています。

●尿道にかゆみや痛さを感じる。

●尿道口から粘着質でクリーム色のウミが出る。

●強い悪臭が出る。

●放置していると尿道が狭くなり、オシッコが出にくくなる。

●オシッコに血がまじることもある。

●淋菌感染が上体へ進行すると副睾丸炎、前立腺炎を起こすことがある。

こんな感じです。

従って、男性が淋菌に感染した場合には感染に気が付かないということはないと思いがちです。

これがクラミジア感染だと、女性の80%、男性の50%には症状が出ないとされています。

自分が知らない間にクラミジアに感染してどんどん感染が進行し、かつ誰かにクラミジアをうつしているかも知れない、という可能性があります。

でも、男性の淋菌感染症は自覚症状がハッキリしていると思っていました。

◇男性感染者でも自覚症状がない!

ところが、実際には男性が淋菌に感染しても自覚症状が出ないことがあるのです。

知らないうちにどんどん感染が進行し、性行為の相手に感染させてしまうことがあるのです。

この事実は『淋病の治療が変わります』という記事の中に出てきます。

「ドクター谷口のセイフティ・セックス」というコラムで紹介された記事で、谷口医師は、医療法人 太融寺町谷口医院の院長です。

「男性の淋病(淋菌性尿道炎)と言えば、尿道口から膿(うみ)がでてきて排尿時には痛みが出ることが多かったのですが、最近ではまったく症状のない淋菌性尿道炎もまあまああります。」

と書かれています。

「まあまあ」という表現がどのくらいを指すのか分かりませんが、「たまに」とか「まれに」とか言った表現よりは多い気がします。

定量的なデータであなたにご紹介出来ないのが残念なのですが、何しろ現役で医療現場にいる医師の指摘なので信用できると思います。

従って、男性の淋菌感染症は自覚症状が何もないからといって安心するのは危険です。

症状がなくても淋菌感染の可能性に心当たりがあったり、心配な行為があれば念のために淋菌検査を受ける必要があります。

◇淋菌の咽頭感染、肛門感染、子宮頸管炎

淋菌は性器だけでなくオーラルセックスによって咽頭感染します。

咽頭感染は性器感染よりも症状が出にくく、感染に気付かないことも多いのです。

また、仮に症状が出ても風邪や扁桃炎と間違うこともあります。

更に男女ともに肛門に感染した場合はほぼ全員に症状が出ないそうです。

あるいは、女性の淋菌感染による子宮頸管炎はその8割から9割が無症候だそうです。

何となく、クラミジアは症状が出なくて要注意だけど、淋菌は症状が出て感染に気付くから安心、みたいに思っていましたが飛んでもないです。

クラミジア同様、淋菌の無症候感染にも要注意です。

 

◇まとめ

繰り返しになりますが、男性の淋菌感染でも無症候の場合があります。

症状が出ない間も感染は進み、副睾丸炎、前立腺炎の原因となることがあります。

あなたに淋菌感染の心当たり、可能性に思い当たることがあれば早期の淋菌検査をお勧め致します。

なお、谷口医師によると、女性が淋菌に感染した場合、尿道炎や膀胱炎を起こすことがあるそうです。

私はこれらの症状は何となく男性だけの症状みたいなイメージを持っていましたが、女性もありです。

女性のあなた、しつこく治りにくい膀胱炎、尿道炎は淋菌感染が原因かも知れませんよ。ご注意ください。

なお、淋菌、クラミジアの咽頭感染、性器感染は病院へ行かなくてもあなたの自宅で検査可能です。

私も使いましたが、郵送式の検査キットがあります。

説明書通りに正しく使えばPCR法による核酸増幅検査で、信頼性の高い検査が可能です。

関連記事:淋菌感染症・男性の症状

関連記事:淋菌感染症には女性の排尿痛がある?

アイコンボタン淋菌は性器からのど、のどから性器へも感染します。
バナー2

性器感染・咽頭感染を同時検査
タイプPバナー5 ・淋菌
・クラミジア
・淋菌(のど)
・クラミジア(のど)

¥9,200+消費税
矢印タイプP 男性はこちらから

矢印タイプP 女性はこちらから
1番人気です!主要5項目を同時検査
タイプEバナー3 ・HIV
・梅毒
・B型肝炎
・淋菌
・クラミジア

¥9,200+消費税
矢印タイプE 男性はこちらから

矢印タイプE 女性はこちらから