オーラルセックスによる淋菌の咽頭感染はとても多いそうです。

しかも自覚症状が出にくいので気が付きません。

今やオーラルセックスは性風俗の専売特許ではありません。ごく普通の愛情表現として一般に普及しています。

「性感染症 常識のウソ」(林 義人・生活人新書)と言う本に、こんなデータが載っていました。

風俗とは無関係の一般女性122人にオーラルセックスの頻度を調査しています。(2004年岐阜大学・三鴨廣繁助教授グループ)

その結果、性行為のとき必ずオーラルセックスをすると答えた女性は38.5%いて、50%以上の割合でオーラルセックスを行うと言う女性まで含めると76.2%いたそうです。

更に、頻度は50%以下だけどオーラルセックスをしている、と答えた女性まで入れると実に91.8%となり、10人中9人の一般女性はオーラルセックスをしていることが分かりました。

この調査は2004年ですから、現在はもっと増えているのは間違いありません。

そして男性に至っては言うに及ばずだと思います。

このように、今やオーラルセックスは当たり前の性行為となっています。

こんなに当り前になっているオーラルセックスですが、ではオーラルセックスで性感染症に感染することがあるのでしょうか?

あなたは知っていますか?

実は淋菌、クラミジア、HIV、ヘルペス、梅毒などはみなオーラルセックスで感染する可能性があります。

あなたはHIVがオーラルセックスでも感染するなんて知ってましたか?

私が公的医療機関のホームページや専門書を確認した範囲では、例外なく感染すると書かれていました。

私は正直、自分自身がHIV検査を受けるまでは、オーラルセックスについてはまったく無防備で気にしていませんでした。

正直、性感染症がオーラル セックスで感染するなんて知りませんでした。

しかし実際にはオーラルセックスでも性感染症は感染するので、予防と言う観点からすれば当然コンドームの使用が必要になります。

あなたの経験ではいかがですか?

あまり気を使っていないのではありませんか?

特にファッションヘルスなど、オーラルセックスを専門とする風俗サービスにおいてはコンドームの使用率が極めて低く、淋菌やクラミジアの最大感染ルートとなっています。(「性感染症STD(南山堂)による)

更に同書によると、性器に淋菌が見つかった男性の11%~29.4%には咽頭(いんとう=のど)にも淋菌が見つかり、女性の場合には33.3%~34.1%も見つかったそうです。

この感染データはいかにオーラルセックスによる咽頭感染が広まっているかを示しています。

同時に、いかにオーラルセックスでコンドームが使われていないかも示しています。

仮にあなたの喉が淋菌に感染したとしても、あまり自覚症状は出ません。

気が付きにくいのです。でも自然治癒することはないので、ずっと感染したままです。

そして、あなたの大事な人へもうつしてしまうかも知れません。

淋菌感染症は喉に限らず性器に感染しても気が付かない人がいます。

特に女性の場合に自覚症状が出にくく、知らないうちに重症化する危険があります。

子宮頸管炎、子宮内膜炎、卵管炎などを起こし、それが原因で不妊症に なったり、妊娠できても流産したりすることがあります。

決して軽く考えてはいけない病気です。

そんな淋菌感染症ですが、早期に見つかれば1週間から2週間の比較的短期で治療できます。

早期発見、早期治療が何より大事ということです。

淋菌検査を受けるとき、オーラルセックスの経験に心当たりがあるあなたは、ぜひとも咽頭感染の検査も受けてください。

あなたに自覚症状がなくてものどへ感染している可能性があります。

最後にひとつだけ。先ほど、オーラルセックスによって感染する病気には色々あると書きました。

しかしその感染確率はみな同じではありません。HIVがオーラルセックスで感染する確率はわずかに0.01%です。

HIV検査相談マップ』

しかし淋菌による咽頭感染はそんな低い確率ではありません。

文中にもご紹介した通り、非常に感染者が多いのです。

「性感染症STD」(南山堂)によれば、淋菌は咽頭の上皮組織に親和性が高く、クラミジアよりも感染性が高いそうです。

以上、オーラルセックスによる淋菌の感染リスクをあなたへお伝えしました。

もしもあなたが淋菌感染症を始めとする性感染症をキチンと予防しようとするなら、オーラルセックスにもご注意ください。

そして、あなたがすでに淋菌感染の不安を感じているなら早めに検査を受けることをお奨めします。

症状や感染ルートがよく似ているクラミジアとの同時検査、それも咽頭感染、性器感染の両方を検査して下さい。

そこまでやれば咽頭感染はひとまず安心出来ると思います。

関連記事:淋菌の咽頭感染治療

アイコンボタン淋菌は性器からのど、のどから性器へも感染します。

バナー2

性器感染・咽頭感染を同時検査
タイプPバナー5 ・淋菌
・クラミジア
・淋菌(のど)
・クラミジア(のど)

¥9,200+消費税
矢印タイプP 男性はこちらから

矢印タイプP 女性はこちらから
1番人気です!主要5項目を同時検査
タイプEバナー3 ・HIV
・梅毒
・B型肝炎
・淋菌
・クラミジア

¥9,200+消費税
矢印タイプE 男性はこちらから

矢印タイプE 女性はこちらから