若い男性を中心に感染者の多い淋菌感染症ですが、その感染ルートはどんなルートなのでしょうか?

淋菌感染症は主に性行為によって感染し、その感染力は非常に強くて1回の性交による感染確率は30%から50%と言われています。(コンドームなしの場合)

ここに、少し古いのですが大変興味深いデータがあるのでご紹介します。

2001年に福岡市のSTD研究会が調べた調査結果だそうです。男性の尿道炎を起こした感染者が、誰と性交渉して感染したのか、またどんな形態の性行為で感染したのかを調べたものです。(性感染症STD 南山堂より)

◇男性の淋菌性尿道炎 感染ルート


図1.尿道炎感染ルート

図1を見て頂くと、性風俗からの感染が60%を占め、とりわけファッションヘルスの比重が大きいことが分かります。これは風俗店の女性が喉に感染したままオーラルセックスを行った結果と思われます。この推測が正しいことは、次のグラフで証明されます。

◇男性の淋菌性尿道炎 性交形態別感染比率


図2.尿道炎 性交形態

いかがでしょうか。最も感染比率が高かったのは、オーラルセックスのみという性行為の形態、すなわちファッションヘルスで感染しています。膣への性行為のみよりも比重が高いのですから驚きです。

このデータを見ても分かるように、性風俗によるオーラルセックスが、淋菌感染症の喉への一大感染源となっているのです。あなたもくれぐれもご用心下さい。

また、淋菌は母親が感染したまま出産すると母子感染の可能性もあります。産道にて新生児結膜炎に感染するのです。感染したままにしておくと、生後2日から4日で発症しますが、きちんと治療を行えば発症を防ぐことができます。

なお、ごくまれに淋菌の付着したタオルや指から目に感染することもあるそうです。

以上が淋菌感染症(淋病)の感染ルートでした。特に性風俗に心当たりのある男性のあなた、オーラルセックスが常態化しているあなたは検査をお勧めします。

そして、もしもあなたが淋菌感染の検査を受けるなら、淋菌と同様にオーラルセックスによる咽頭感染が多いクラミジアも同時に検査を受けることをお勧め致します。

クラミジアは淋菌以上に感染しても自覚症状が出てきません。ぜひ一度は検査しておいた方が安心できます。

関連記事:淋菌はキスでも感染する?

関連記事:淋菌は風呂場で感染する?

*淋菌はクラミジアと重複感染が多く、のどにも感染します。これ1つでまとめて検査。
■STDチェッカー TypeP (男性用)(女性用)
淋菌(性器・のど)・クラミジア(性器・のど) 性器感染と咽頭感染の両方がまとめて検査可能です。

*淋菌感染が心配なら、こんな性感染症は大丈夫?感染ルートは全部同じです
■STDチェッカー TypeE (男性用)(女性用)
HIV・梅毒・B型肝炎・淋菌・クラミジアの5種類の性感染症がまとめて検査可能です。

■この検査キットの信頼性(郵送検査認定事業者とは?)

■この検査キットの利用者の声(6372件の口コミ)