ここでは淋菌の検査方法をご紹介します。あなたの淋菌検査にお役立て下さい。

1.淋菌感染症の検体

男性の場合は尿や性器からの分泌物(膿)を採取して調べます。女性の場合には膣の分泌物を採取します。

また、咽頭(のど)感染の場合には喉の粘膜から分泌物を採取します。

2.淋菌感染症の検査方法

◇グラム染色・鏡検法

グラム染色法は、1884年、ハンガリーの科学者、ハンス・グラムによって発明されました。

淋菌を含んだ検体に色素で染色し、それを光学顕微鏡で観察して淋菌が存在するかどうか、調べます。

検査が短時間で可能なため、迅速検査として使われています。

ただ、検体に含まれる淋菌の量が少ないと検出できません。

また、検出精度にバラツキが出やすいという欠点もあります。

◇淋菌培養法

淋菌を採取して培養し、増殖させて光学顕微鏡で調べるやり方です。

ただし、淋菌は感染力は強いのですが、菌そのものはとても弱く、検体採取から短時間に手際よく処理をしないと途中で死んでしまいます。

この方法は手間と時間が非常にかかるため、あまり使われていないそうです。

◇核酸増幅検査法

●PCR(Polymer Chain Reaction)法
PCR法は、淋菌のDNAを人工的に増幅させて検査する方法です。最大の長所は菌の数が少なくても高精度に検出が出来ることです。

1つのDNAから2つのDNAを作り、2つが4つに、4つが8つにと、2の2乗で増幅させることが可能です。クラミジア感染症の検査にも使われています。

ただ、欠点として咽頭感染の検査には使えません。

喉にはもともと淋菌の親戚にあたるナイセリア属の常在菌がいて、それらの常在菌のために偽陽性が出ることがあるのです。

 

●SDA(Strand Displacement Amplification)法
PCR法とは原理が異なりますが、核酸増幅検査の1種です。

この検査方法の長所は、クラミジア感染症と淋菌感染症の同時検査ができること、咽頭検査にも使えることが上げられます。

検査の感度、精度もPCR法と同等か、それ以上です。

 

●TMA(Transcription Mediated Amplification)法
SDA法同様、クラミジア感染症と淋菌感染症が同時に検査出来ます。また、咽頭感染の検査も可能です。

以上、淋菌の代表的な検査方法について説明しました。

淋菌は感染してから3日もすれば検査が可能となります。

あなたが感染の恐れがある行為をしてしまったら、なるべく早いうちに検査を受けてください。

早期発見できれば治療も早くなります。

なお、男性のあなたが淋菌に感染した場合、一般には強い自覚症状が出ると思われています。

確かにクラミジアなどに比べるとその通りなのですが、中には自覚症状があまり出ない人もいます。

もしもあなたに淋菌感染の心当たりがあって、でも自覚症状がないから安心しているとすれば、それは危ないかも知れませんよ。

自覚症状が出なくても一度淋菌検査を受けてみてください。それでホントに安心できると言うものです。

淋菌検査はあなたが病院に行かなくても、検査キットを使えばあなたの自宅で可能です。

関連記事:誰にも知られず検査ができます

アイコンボタン性行為1回あたり約30%の感染確率と言われています。
バナー2

性器感染・咽頭感染を同時検査
タイプPバナー5 ・淋菌
・クラミジア
・淋菌(のど)
・クラミジア(のど)

¥9,200+消費税
矢印タイプP 男性はこちらから

矢印タイプP 女性はこちらから
1番人気です!主要5項目を同時検査
タイプEバナー3 ・HIV
・梅毒
・B型肝炎
・淋菌
・クラミジア

¥9,200+消費税
矢印タイプE 男性はこちらから

矢印タイプE 女性はこちらから