ここでは淋菌検査を婦人科、泌尿器科など病院で受ける場合をご案内します。

HIV検査はどこの保健所でも無料・匿名で検査してくれます。同時にクラミジア感染症や、梅毒の検査もしてくれる保健所は沢山あります。でも、淋菌の検査をしてくれる保健所はそれほど多く見かけません。あなたの最寄の保健所ではどうでしょうか。

あなたが病院に行くなら、男性であれば泌尿器科、女性であれば婦人科・産婦人科に行くことになります。正直、こういった病院って、日頃あまりなじみがないですね。そもそも、どんな分野の専門病院なのか、ご紹介します。


1.病院の種類

●泌尿器科
泌尿器科は、癌や包茎など、性感染症に関係なくてもいわゆる尿路系に関する病気であれば何でも診てくれます。尿路系とは、オシッコが流れていく途中にある全ての臓器です。腎臓、膀胱(ぼうこう)、尿管、前立腺、睾丸(こうがん)、尿道などを言います。

●婦人科・産婦人科
産科と言うのは、妊娠、分娩にかかわる医療を行う科であり、婦人科と言うのは子宮や卵巣など、女性の身体に起きる病気を診察したり治療する科です。産婦人科は両方を診てくれる科です。

従って、性感染症の相談や治療に行くなら、産婦人科でも婦人科でも、どちらでも診てくれます。ただし、相談に妊娠に関することが含まれている場合には、産婦人科のほうがいいですね。

●性病科・性感染症科
多くの場合、泌尿器科や婦人科の中にあります。中には単独で性感染症専門に診ている病院もあります。この種の専門病院って数が少ないのですが、その理由の1つが性感染症の専門医が存在しないからです。専門医とは、大学の医学部で専門に学んだ人を言います。例えば、泌尿器科専門医、と言えば、大学の医学部、泌尿器科教室で研修を受けて医者になった人を言います。

ところが、日本の大学で性病科教室なんてどこにもないそうです。従って、大学の付属病院には性病科はありません。実際にいろんな大学の付属病院のホームページを探してみましたが見つかりませんでした。


2.費用について

こうした医療機関では、診察・検査・治療に費用がかかります。むろん、匿名検査は出来ません。健康保険については、原則適用可能です。ただし、何も症状が出てなくて、本人が心配だから念のために検査を受けたい、というような場合には保険の適用外、全額自己負担となります。ただし検査結果が感染していたら、払い戻しをしてくれる病院もあるようです。保険の取り扱いは病院によっても異なるので、最初に確認したほうがいいです。

凡その検査や診察にかかる費用ですが、当然病院や症状によっても変わってきます。だいたいのイメージとしてみてください。

◇診察料 3,000~5,000円

◇検査代 4,000円

◇薬代 3,000円~

こんなイメージです。この金額は保険を適用しない場合です。健康保険を使う場合にはこの3割が自己負担となります。保険適用については病院ごとに判断がちがうので、事前に病院で確認して下さい。

基本的に医師が必要と判断して検査した場合は保険適用となります。でも単にあなたが不安だから検査、という場合は全額負担となります。

また、検査は淋菌だけでなく、他の性感染症とセットで行うことを勧める病院もあるようです。特にクラミジアは検査方法によっては淋菌といっしょに検査が可能なので、勧められることが多いみたいです。むろん、セットにすれば1つずつ検査を受けるよりは安くなりますが、合計金額そのものは高くなります。よく考えて選んでください。


3.いい病院の探し方

最後に、いい病院、クリニックの選び方です。私も以前に泌尿器科のお世話になったことがあるのですが、最高に患者本位のいいクリニックでした。初めて診察に行った日に、パンツを脱いで診察台に上がったのですが、医師、看護師、共にとても親切で気配りがあって、恥ずかしがる私をうまくリードしてくれました。

このクリニックは、ネットで多くの泌尿器科の中から選びました。いろんな病院、クリニックのホームページを見ていると、けっこう患者に対する配慮が見えてきます。たかがホームページかも知れませんが、患者に対する想いのこもったホームページと、病院本位のホームページと、見分けがつくものです。患者である、私やあなたの知りたいこと、不安に思うことが、どれだけ多く、分かりやすく書かれているかを見ればいいと思います。

運悪く変な医者に当たると、感染したのは自業自得だ、みたいな扱いを受け、セクハラまがいの問診を受けるハメになります。こういったドクハラはけっこう事例があるようです。女性が女医さんのいるクリニックを探す心境は理解できます。ぜひ、事前にネットで確認してみてください。

4.家族にナイショで検査・治療が出来るか?

これもネット上でよく見る質問です。あなたが未成年者で親に知られるのがまずい場合。あるいはあなたのパートナーに病院での検査を知られたくない場合。こんな場合にナイショで淋菌検査が可能でしょうか。

基本的に健康保険を使えば必ず後日医療費明細が送られてきます。サラリーマンなどで会社勤務をしていれば会社へ、自営なら自宅へ送られます。

通常、医療費通知には、いつ・誰が・どこで(医療機関の名前)・どんな(診療科目)・いくらかかったか、といった事が明細書に記載されます。従って健康保険を使用すると医療費通知からばれてしまいます。

しかし先ほど費用のところでも書きましたが、単にあなたが淋菌感染の不安を感じて検査を受ける場合は健康保険は適用されません。全額自己負担になりますが通知はありません。

でも、あなたに何かの自覚症状があり、医師の診察の結果検査が必要だとなれば健康保険の適用となり、後日通知されてしまいます。絶対に通知されたくなければ最初から保険なしを病院側へ伝える必要があります。

また、あなたが不安に思うだけで検査を受けても、検査結果が陽性で感染していたと分かれば、その時点で保険適用にしてくれる病院もあります。ここでも通知が嫌ならハッキリ伝える必要があります。

あなたがどうしても誰にもナイショで検査を受けたければ自宅で検査キットを使うという方法もあります。私が自分で検査キットを利用した体験記がありますので、よかったらご覧ください。

■自宅で淋菌検査体験記

*淋菌はクラミジアと重複感染が多く、のどにも感染します。これ1つでまとめて検査。

STD研究所 STDチェッカー TypeP (男性用)(女性用)
淋菌(性器・のど)・クラミジア(性器・のど) 性器感染と咽頭感染の両方がまとめて検査可能です。

*淋菌感染が心配なら、こんな性感染症は大丈夫?感染ルートは全部同じです。

STD研究所 STDチェッカー TypeE (男性用)(女性用)
HIV・梅毒・B型肝炎・淋菌・クラミジアの5種類の性感染症がまとめて検査可能です。

■この検査キットの信頼性

■この検査キットの利用者の声