淋菌の咽頭感染になったら、あなたはどう対処しますか?

ある医療相談サイトを見ていたら、とても気になる相談が載っていました。あなたの感染予防にお役立てください。

◇一番まずい対処ってなに?

あるネット上の相談サイトで、淋菌の咽頭感染に関する相談が載っていました。

簡単にまとめるとこんな相談です。

『感染の可能性があった日の数日後、のどが痛くなりました。淋菌かクラミジアの咽頭感染だと思い、抗生物質を飲みました。すでに5日経つのですが、痛みがなくなりません。何日くらい飲めば治るのでしょうか?あるいはこれは淋菌やクラミジアの咽頭感染とは違うのでしょうか?』

こんな感じです。

あなたはどう思いますか?

ハッキリ言って、この相談者の対応は一番まずい対処方法ですね。

なぜなら、

「医師の診察を受けずにかってに薬を飲んでしまった。」

からです。

あなたも含めて、ほとんどの人はまず病院に行って医師の診察を受けるでしょう。自分の判断で薬、それも抗生物質を飲むことはしないと思います。

でも中には今回の相談者みたいに自分で判断する人が必ずいるんですよね。

まぁ、風邪薬や下痢止めくらいなら市販の薬を自分で購入して飲んでも問題ないでしょう。しかし、性感染症、しかも抗生物質となるとそうはいきません。

性感染症に限らずどんな病気でも原因を正確に突き止めて、そして正しい治療法を処方することが大事です。

今回の相談者の場合、淋菌が感染した可能性があった日の数日後に喉が痛くなって、自分で淋菌感染と思い込みました。まず、最初の間違いはここです。

喉が痛いからといって淋菌の咽頭感染とは限りません。一般に喉が痛くなる原因としては、風邪やその他のウイルスによる咽頭炎、扁桃炎が考えられます。

あるいはめったなことではあり得ませんが、悪性リンパ腫なども可能性ゼロではありません。

だから安易に自分で病気をかってに決めてはいけないのです。

そして更にまずのはかってに抗生物質を飲んでしまったことです。確かに淋菌でもクラミジアでも病原菌は細菌なので抗生物質で治療します。そして、同じ抗生物質が淋菌、クラミジア、両方に効果的な場合もあります。

しかし、必ずしもそううまくいくとは限りません。まず、喉の痛みが淋菌やクラミジアの咽頭感染ではなかった場合。当然ですがいくら抗生物質を飲んでも治りません。

ウイルス性の咽頭炎、扁桃炎なら抗生物質は全く効きません。それどころか常在菌に無用な耐性を作らせてしまう可能性があります。いざというときに抗生物質が効かなくなる恐れがあります。

仮に喉の痛みが淋菌感染によるものであったとしても、どの抗生物質を使うかは医師の専門的な判断が必要です。淋菌は非常に耐性を持ちやすい細菌であり、へたすると治療が長期化します。

淋菌は治療に使う抗生物質の選定と、使用する順番が大事なのです。素人であるあなたがかってに判断するのは危険です。

そうでなくても淋菌やクラミジアは性器感染よりも咽頭感染の方が治療は長くかかると言われているのです。


◇喉が痛いときはどうすればいいの?

では、あなたが喉の痛みを感じたときどうすればいいのでしょうか?まずは耳鼻咽喉科へ行くことです。痛みの原因を診てもらうことが最初にやるべきことです。

先ほども書きましたが、風邪による咽頭炎か、淋菌やクラミジアによるものか原因によって治療法が全く変わってきます。

ただし、ひとつ要注意なのは耳鼻咽喉科によっては淋菌、クラミジアなどの性感染症に対して十分な検査が出来ない場合があることです。

性感染症の診察、治療経験の豊富な医師がいる病院ならいいのですが、そうでないと検査もしない可能性があります。

かと言って、自分から性感染症の検査を申し出るのは恥ずかしくてなかなか言えなかったりします。もしもあなたに淋菌やクラミジアの咽頭感染に不安があるなら、性感染症の検査も可能な病院を選びましょう。事前に電話で聞くのがいいと思います。

どうしても恥ずかしくて言えそうもないあなたや、仕事が忙しく病院に行く時間のないあなたは自宅で使える検査キットもあります。まずはこれを使って自分で調べる方法もありです。

単なる自分の思い込みで治療に走るのだけは危険なので止めてくださいね。むろん、そのまま放置するのも危険です。

*淋菌はクラミジアと重複感染が多く、のどにも感染します。これ1つでまとめて検査。

STD研究所 STDチェッカー TypeP (男性用)(女性用)
淋菌(性器・のど)・クラミジア(性器・のど) 性器感染と咽頭感染の両方がまとめて検査可能です。

*淋菌感染が心配なら、こんな性感染症は大丈夫?感染ルートは全部同じです。

STD研究所 STDチェッカー TypeE (男性用)(女性用)
HIV・梅毒・B型肝炎・淋菌・クラミジアの5種類の性感染症がまとめて検査可能です。

■この検査キットの信頼性

■この検査キットの利用者の声